『Realiti』に現れる桃源郷

      2017/05/27

スポンサードリンク

 

Grimesの『Realiti』というMV

 

とても面白いMVだと思いました。

日本の都市のイメージとともに、東南アジアと中国の街並みが、コラージュのように一つの映像として幻想的にまとめられています。

 

ただしこの映像は、複数の街をそれぞれ描写しているというよりも、西洋人の感受性によって単数形の“東洋”という文化圏が構築されている、という印象を受けます。

 

  誤解=新しい表現

 

それは、アジア諸国のそれぞれの文化的差異に対する無神経さに基づいた雑な引用とも換言できます。

しかし、美的な観点から言えば、その土地に根ざしている正統な在り方にも十分に匹敵しうる、独特の魅力を提出していると感じます。

 

かつ、その”東洋”の発見は、日本人である我々には自力で到達困難な境地でもあります。

日本で暮らしている限り、中国や東南アジアの町並みはいずれも異国情緒に回収されてしまい、この意味での”東洋”を自然に解釈することが難しいからです。

 

つまり、【正しさ  ー  その粗悪な模倣であるデタラメ】あるいは【良質な本物  ー  粗悪な偽者】という価値構造がこのMVでは解体されて、今までになかった新しい世界の景色が現れているように思えるわけです。

それにつけて曲のタイトルが『現実』というのは何とも含蓄があります。

 

 

 

 -  音楽